打ち上げに失敗して真横に飛んでくるミサイル怖すぎワロタwwドイツ兵器開発の歴史

打ち上げに失敗して真横に飛んでくるミサイル怖すぎワロタwwドイツ兵器開発の歴史今でこそコンピューターによる計算やシミュレーション技術が発達してるので、失敗の数を減らす事が出来るんでしょうけど、当時はぶっつけ本番が多かったのかしら。第二次世界大戦時のドイツによる弾道ミサイル開発の歴史です。動画二つ目、打ち上げ直後に真横を向くミサイルとか怖すぎだろwwwそれにしてもズングリムックリなロケットですねー。動画にも出てくるV2ロケットですが、開発に成功し実践でも使われたそうですよ。


失敗の歴史 衝撃のロケット爆発炎上事故映像30連発 もやは爆弾w1分19秒過ぎの横に向かって飛んだロケットあぶねぇぇぇぇぇぇ!丘に衝突して良かったね(@_@;)ロケット開発、失敗の歴史。衝撃のロケット爆発炎上事故の映像集です。やっぱり発射の瞬間が一番難しいんですね、発射台もろとも爆発しちゃう映像が多かったです。それにしてもどれも激しいっすね(@_@;)

爆発事故から学べ!技術者たちの戦い。純国産ロケットエンジンLE-7開発記録爆発事故から学べ!技術者たちの戦い。純国産ロケットエンジンLE-7開発記録技術系ドキュメンタリーって楽しいね。紹介動画は純国産ロケットエンジンLE-7の開発記録です。LE-7エンジンは航空宇宙技術研究所、三菱重工業、石川島播磨重工業とともに開発したH-IIロケット第一段用液体ロケットエンジン。現在は、コストダウンと信頼性向上を図った改良型LE-7Aエンジンが使用されている。(wiki)何度も発生するトラブルや爆発事故を乗り越える技術者たち。感動しました。

旧ソ連が開発した最強の大陸間弾道ミサイル R-36Satan(魔王w)おそロシアw旧ソ連が開発した最強の大陸間弾道ミサイル R-36(Satan)
現在も100基近い数がロシアに配備されているという超巨大な大陸間弾道ミサイルの映像です。どんな都市でも一発で破壊できる程の核弾頭を搭載する事ができ、1万1000km以上の射程距離があります。おっそろしいですね(@_@;)音量注意。

動画:liveleak.com



Gカップ完璧ボディ芸能人「高橋しょう子」MOODYZデビュー!の未公開映像はこちらのテキストリンクから。

個人的にはALLNUDE高橋しょう子のマッサージシーンがめちゃくちゃよかた(*´д`*)あの完璧ボディがオイルでツヤツヤに(*´д`*)

【期間限定】60%OFFならセール中200円から
【最新】PS4やVR無料おためし動画あり。

このBlogのトップへ | |

この記事へのコメント URLはhを抜いて投稿してください。 @マークは禁止ワード。

  1. 名がありません のコメント: 2010年6月22日 04:14 ID:ExOTAyMjY

    V2ロケットだね。
    これが世界のロケットのもとになったんだね~。
    すごい映像サンクス

  2. 名がありません のコメント: 2010年6月22日 11:31 ID:c4NjEzMzc

    ドイツってすごい

  3. 名がありません のコメント: 2010年6月22日 11:58 ID:c0MzM1MDU

    今みたいな誘導技術が無い頃は照準をとうしてたんだろう
    砲弾みたいに精密計算出来るとは思えないんだけど
    まさか世界一のドイツ軍が風船爆弾みたいに敵国のどこかに落ちれば~なんて事はしないだろ?

  4. 名がありません のコメント: 2010年6月22日 12:28 ID:YwOTk2NTQ

    ドイツが居なけりゃ今のロケット技術は数世代遅れてただろうね

  5. 名がありません のコメント: 2010年6月22日 14:19 ID:A3NzQwNjM

    ※3
    その風船爆弾作った国はこういうロケットを潜水艦から発射する原理を造った優秀な国だったんだよな。
    うん、ドイツと日本はやっぱ凄いや

  6. 名がありません のコメント: 2010年6月22日 17:30 ID:AxODk1OTQ

    たしかヒトラーがふと思い付いた未来の兵器のイメージがロケットだったんだよな
    それで俺が思いついた通りに作れって科学者に指示したんだったような

  7. 名がありません のコメント: 2010年6月22日 19:22 ID:c1ODE5Mzc

    ドイツの科学力は世界一ィィィ

  8. 名がありません のコメント: 2010年6月22日 20:36 ID:c1Mjg4Nzg

    >>3
    V1には先端についている羽根車で飛行距離を測定、V2にはアナログコンピューターが搭載されていたそうな。

  9. 名がありません のコメント: 2010年6月23日 11:04 ID:k1Mzg4OTk

    中国ではロケットが横に飛んでいって村1つ全滅してたっけ?
    燃料満載だから怖いよな。

  10. 名がありません のコメント: 2010年6月26日 10:25 ID:A5NzUzNjk

    むか〜し昔,優秀なユダヤ人が
    ロケットやコンピュータを発明して
    幸せに暮らしましたとさ・・・
    おしまい

  11. 名がありません のコメント: 2010年6月26日 21:35 ID:UxNjc0MDE

    >>10
    ロケットは1000年前中国の発明、近代ロケットはポーランド系ロシア人の発明。
    ソロバンって分類上では、コンピュータって知っているかね(実話)。

  12. 名がありません のコメント: 2010年6月26日 22:17 ID:YzOTE2MzE

    V2の設計者は戦後アメリカ行ってサターンⅤロケットやアポロ宇宙船の開発者になるんだよな~

  13. 名がありません のコメント: 2010年6月27日 22:29 ID:U2OTI5MTk

    >>5
    原理というよりはアイディアだな

  14. 743mg のコメント: 2010年12月30日 00:33 ID:YwMzI1NTk

    風船爆弾は当時世界のだれも知らなかったジェット気流を利用して太平洋を横断させ得たトンデモない戦略兵器だったんだぞ
    誘導装置なんて全く無いアナログの塊りだったのに放出した約9000発の内およそ1000発は届いたんじゃないかという驚異の命中率!?
    米軍は大和級戦艦なんかより、これを怖れてたっていう位の兵器なんだぞ

  15. 743mg のコメント: 2011年2月1日 14:30 ID:k5MjkwMzg

    >>3
    自律航法ですよ。予め入力されている飛行経路と実際の経路との誤差を計測、修正しながら目標へ飛んでいきます。

  16. 743mg のコメント: 2011年4月15日 01:26 ID:U1Njg4MDk

    >>5
    ホルホルきもい

  17. 743mg のコメント: 2011年5月24日 04:32 ID:IyMzg0NzE

    V1が今の巡航ミサイルの始祖でV2が戦略核ミサイルの始祖になるんだっけか。
    ドイツの科学力はホント凄いと思う。なんで負けたんだろw

  18. 743mg のコメント: 2011年5月25日 20:29 ID:Q0MDQ0NDk

    ジョン・ブラウン氏の設計ですね。
    ジャイロを搭載したロケットはこれが
    最初じゃなかったかな?
    この人は確かアメリカにわたってNASA(の前身)に係わったと思った。

  19. 743mg のコメント: 2011年9月26日 13:36 ID:M2OTEzNTM

    >ジョン・ブラウン氏の設計ですね。
    フォン・ブラウンじゃない?

  20. 743mg のコメント: 2012年12月3日 02:35 ID:E2OTQ4OTM

    この動画にチャップリンがいたら良いと思うよwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。